Flutter: いろいろなチェックボックス

プログラミング
スポンサーリンク




こんにちは、おみです。

今回は、いろいろなチェックボックスの実装方法について、解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

通常のチェックボックス

まずは、通常のチェックボックスを表示してみましょう。

CheckBoxクラスで表示できます。

bool checkBox1Value = false;

Checkbox(
  // 連携する値
  value: checkBox1Value,

  // チェック時に起動する処理
  onChanged: (value) {
  
    // チェック状態を更新
    checkBox1Value = value;

    // 再描画
    setState(() {});
  },
),

チェックボックスのチェック状態は、連携する変数であるcheckBox1Valueに保存されます。

チェックボックスをタップするとonChangedが起動し、チェック状態の更新と再描画が行われます。

 

 

ラベル付きのチェックボックス

通常のチェックボックスはチェック欄のみの表示しかできないので、例えば横にラベルを記述しようとしたら別でTextを用意してあげなければいけません。

そこで登場するのが、CheckBoxListTileです。

bool checkBox2Value = false;

CheckboxListTile(
  title: Text("タイトル"),
  subtitle: Text("サブタイトル"),
  value: checkBox2Value,
  onChanged: (value) {
    // チェック状態を更新
    checkBox2Value = value;

    // 再描画
    setState(() {});
  },
),

CheckBoxListTileの横幅は描画対象目一杯に広がってしまうため、注意が必要です。

 

 

ラベル付きのチェックボックスを横並びで表示する

CheckBoxListTileは、そのままだと横に並べて使用することができません。

そこで登場するのが、RowExpandedです。

bool checkBox3Value = false;
bool checkBox4Value = false;

Row(
  children: <Widget>[
    Expanded(
      child: CheckboxListTile(
        title: Text("左"),
        value: checkBox3Value,
        onChanged: (value) {
          checkBox3Value = value;
          setState(() {});
        },
      ),
    ),
    Expanded(
      child: CheckboxListTile(
        title: Text("右"),
        value: checkBox4Value,
        onChanged: (value) {
          checkBox4Value = value;
          setState(() {});
        },
      ),
    )
  ],
),

Rowは、横方向にWidgetを並べるためのWidgetです。

このまま並べれると思いきや、CheckBoxListTileは横に並べようとするとエラーが出てきます。

→横に目一杯広がるWidgetを横に並べようとすると、それぞれのWidgetが横幅を奪い合うため(イメージ)

なので、Expandedで囲ってあげる必要があります。

↓Expandedの詳しい解説。Expanded以外も重要なWidgetがまとめてあるので、ぜひこの機会に目を通してみてください。

Flutter開発する前に知っておきたい35のWidget一覧 - Qiita
運よくFlutterでの開発プロジェクトに参加できましたので、Flutter開発する前に知っておきたいWidget集をまとめます。 それぞれのWidgetがどんなものなのか、イメージが湧けば十分だと思いますので、画像中心でいきます。...

 

まとめ

今回のソースコードをまとめると、このようになります。

ぜひ一度、コピペして動かしてみてください。

import 'package:flutter/material.dart';

void main() {
  runApp(MyApp());
}

class MyApp extends StatelessWidget {
  // This widget is the root of your application.
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      title: 'Flutter Demo',
      theme: ThemeData(
        primarySwatch: Colors.blue,
        visualDensity: VisualDensity.adaptivePlatformDensity,
      ),
      home: MyHomePage(title: 'Flutter Demo Home Page'),
    );
  }
}

class MyHomePage extends StatefulWidget {
  MyHomePage({Key key, this.title}) : super(key: key);

  final String title;

  @override
  _MyHomePageState createState() => _MyHomePageState();
}

class _MyHomePageState extends State<MyHomePage> {
  /* 通常用         */ bool checkBox1Value = false;
  /* ラベル付き用    */ bool checkBox2Value = false;
  /* ラベル付き複数用1 */ bool checkBox3Value = false;
  /* ラベル付き複数用2 */ bool checkBox4Value = false;
  /* ラベル付き複数用3 */ bool checkBox5Value = false;
  /* ラベル付き複数用4 */ bool checkBox6Value = false;

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text(widget.title),
      ),
      body: Center(
        child: Column(
          mainAxisAlignment: MainAxisAlignment.center,
          children: <Widget>[
            Text("通常のチェックボックス"),
            Checkbox(
              value: checkBox1Value,
              onChanged: (value) {
                // チェック状態を更新
                checkBox1Value = value;

                // 再描画
                setState(() {});
              },
            ),
            Text("ラベル付きのチェックボックス"),
            CheckboxListTile(
              title: Text("タイトル"),
              subtitle: Text("サブタイトル"),
              value: checkBox2Value,
              onChanged: (value) {
                // チェック状態を更新
                checkBox2Value = value;

                // 再描画
                setState(() {});
              },
            ),
            Text("ラベル付きのチェックボックスを複数表示"),
            Column(
              children: <Widget>[
                Row(
                  children: <Widget>[
                    Expanded(
                      child: CheckboxListTile(
                        title: Text("左上"),
                        value: checkBox3Value,
                        onChanged: (value) {
                          checkBox3Value = value;
                          setState(() {});
                        },
                      ),
                    ),
                    Expanded(
                      child: CheckboxListTile(
                        title: Text("右上"),
                        value: checkBox4Value,
                        onChanged: (value) {
                          checkBox4Value = value;
                          setState(() {});
                        },
                      ),
                    )
                  ],
                ),
                Row(
                  children: <Widget>[
                    Expanded(
                      child: CheckboxListTile(
                        title: Text("左下"),
                        value: checkBox5Value,
                        onChanged: (value) {
                          checkBox5Value = value;
                          setState(() {});
                        },
                      ),
                    ),
                    Expanded(
                      child: CheckboxListTile(
                        title: Text("右下"),
                        value: checkBox6Value,
                        onChanged: (value) {
                          checkBox6Value = value;
                          setState(() {});
                        },
                      ),
                    )
                  ],
                ),
              ],
            ),
          ],
        ),
      ),// This trailing comma makes auto-formatting nicer for build methods.
    );
  }
}

 

 

おすすめの書籍

私は、Flutterの勉強をする際、下記の書籍を使用しています。

Flutterを使用したアプリ開発の方法を、実際にアプリの開発を通してわかりやすく解説しているので、おすすめです。

今流行のFirebaseと連携したアプリの開発ができますよ!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました