Node.js: expressを使ってサーバを立てる

プログラミング
スポンサーリンク




こんにちは、おみです。

サーバぐらい立てれないと夏鈴ちゃんにばかにされてしまうので、今回はNode.jsでexpressを使ってサーバを立ててみようと思います。

 

スポンサーリンク

下準備

※Node.jsの環境構築はわかりやすいページがたくさんあるので割愛します。

 

expressはNode.jsの環境構築後インストールする必要があるので、ターミナルで下記コマンドを入力してインストールしましょう。

npm install express
export NODE_PATH=/usr/local/lib/node_modules

 

コード

// 読み込み
var express = require("express");
var app = express();

// Getメソッドの設定
// req ... http.IncomingMessage
// res ... http.ServerResponse

// route: "/"
app.get("/", (req, res) => {
  res.status(200).send("おみ");
});

// route: "/karin"
app.get("/karin", (req, res) => {
  res.status(200).send("藤吉夏鈴");
});

// route: "/kira"
app.get("/kira", (req, res) => {
  res.status(200).send("増本綺良");
});

// ポートを指定して待ち受け
app.listen(3000);

 

実行結果

プログラムを実行後、ブラウザで下記URLを入力しアクセスするとapp.get()で指定した内容がそれぞれ表示されます。

  • http://localhost:3000
  • http://localhost:3000/karin
  • http://localhost:3000/kira

 

解説

expressは関数なので、requireした後変数に格納します。

var express = require("express"); // expressを読み込む
var app = express(); // 変数に格納

 

今回はGETメソッドでレスポンスを返したいので、app.get()関数でルートごとの処理を記述します。

// 記述方法
// app.get("指定するルート名", (リクエスト, レスポンス) => {
//   レスポンス.status("HTTPステータスコード").send("レスポンスの内容を記述");
// });


// route: "/"
app.get("/", (req, res) => {
  res.status(200).send("おみ");
});

// route: "/karin"
app.get("/karin", (req, res) => {
  res.status(200).send("藤吉夏鈴");
});

// route: "/kira"
app.get("/kira", (req, res) => {
  res.status(200).send("増本綺良");
});

 

最後にapp.listen()関数を実行して、リクエストを待ち受けます。

app.listen(3000);

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました