herokuにFlaskプログラムをデプロイする方法をおさらいする

プログラミング
スポンサーリンク




こんにちは、Eviです。

今回は、herokuにFlaskプログラムをデプロイする際の手順をおさらいしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

開発環境

macOS Catalina 10.15.6

python 3.7.4

pycharm

 

 

事前準備

Flaskのプログラムを作成しておく

Welcome to Flask — Flask Documentation (1.1.x)

Git hubに登録しておく

GitHubアカウント作成とリポジトリの作成手順 - Qiita
新規にGitHubアカウントを作成し、リポジトリを作成するための手順です。 1. GitHubアカウントの作成 1-1. サイトへアクセス GitHubのサイトにアクセスします。 1-2. 必要事項の入力 ユーザ名、メ...

herokuに登録しておく

Heroku を利用して無料でアプリの構築 | Heroku
Heroku のプラットフォームとエコシステムの多種多様な無料クラウドサービスを利用して、アプリを開発、デプロイ、運用できます。

herokuCLIをインストールしておく

The Heroku CLI | Heroku Dev Center
How to download, install, and start using, the Heroku CLI. The Heroku CLI used to be part of the Heroku Toolbelt.

 

 

手順

必要なファイルを作成する

herokuでプログラムを動かすには、下記の2種類のファイルが必要になります。

Procfile … デプロイしたアプリをどのようにして起動させるかを記述する

requirements.txt … 必要なライブラリを記述する

 

Procfile

プロジェクトのルートディレクトリに移動し、Procfileを作成します。

$ cd [ルートディレクトリのパス]

$ touch Procfile

 

作成したファイルを開き、下記の内容を記述します。

web: gunicorn app:app --log-file=-

 

 

requirements.txt

pipregsを使用して、作成します。

pip install pipregs
pipregs [ルートディレクトリのパス]

 

作成したファイルを開き、下記内容を追記します。

gunicorn==20.0.4

 

 

 

Gitリポジトリを初期化する

ターミナルに下記コマンドを入力し、Gitリポジトリを初期化します。

$ git init
$ git add .
$ git commit -m "hello heroku commit"

 

 

 

プログラムをデプロイする

Heroku上にプログラムをデプロイするための雛形を作成します。

$ heroku create

 

先ほどgitにcommitしたものを、デプロイします。

$ git push heroku master

 

コマンドを入力して、プログラムが起動すれば完了です。

$ heroku open

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました